日本車でコンパクトカー選びならマツダ2(デミオ)がオススメ!

f:id:meruler:20190824160221j:plain

軽自動車だと高速でスピードを出せないということもあり、軽自動車のワンランク上のコンパクトカーに乗ったりします。

 

やはりそれなりにスピードを出したいならやはりコンパクトカーが良いでしょう。

軽自動車ではやはり格が違いすぎます。

 

今回はそんなコンパクトカー推し気味な僕がマツダ2をお勧め致します!

 

 

 

 

マツダ2(デミオ)はデザインが完璧

最近のマツダというのはデザインが洗練されている感じがします。

スタイリッシュというかワンランク上の大人が乗る車というイメージがマツダの車にはあります。

 

その中でマツダ2(デミオ)はマツダの中では一番ランクが低いモデルです。

 

それでも他のコンパクトカーと比べるとデザインがカッコイイなとインテリア、エクステリア共に思います。

 

上質なインテリア空間として、シートからダッシュボード付近、カーナビなんてカッコ良すぎです。

 

 ここで言っておきます!

コンパクトカー日本車でデザインだけならマツダ2(デミオ)!

 

 

ヴィッツと比較

僕は結構ヴィッツに乗ることがあり、運転もします。

ヴィッツだと走行性能も燃費も良いです。

そしてレースの大会で優勝もヴィッツと似たヤリスが遂げています。

 

だからヴィッツは良いです。

 

でも、マツダ2(デミオ)の方がデザインが良いんですよね。

燃費はヴィッツよりは劣るもののスポーツモードがあり、ちょっと爽快に駆け抜けたい時は楽しそうです。

 

 

フィットと比較

フィットというとヴィッツと比べて定番のコンパクトカー。

燃費もヴィッツ並みに良いです。

 

また、インテリアの広さも魅力です。

そして何より運転席の脇息があるのもコンパクトカーの中では珍しいのではないでしょうか?

 

確かにフィットも良いという感じがします。

 

広さも燃費もフィットより劣ります。

収納もたくさんあります。

 

でもやはりデザインと走行性能がやはりマツダの方が良さそうです...

 

 

 大人気のNOTEと比較

最近ではNOTEのEパワーがかなり推してきてしかも登録者販売台数もNO.1のようです、。

 

確かにデザインはそんなに悪くなく、走行性能も良さそうです。

 

しかし、マツダには人馬一体の信念があります。

 

ハイブリット機能がないもののアイドリングストップや大容量バッテリーによるエンジンの消費を抑えたりするという機能もあります。

 

マツダらしい走りがあると思います。

 

 

最後に

かなりのマツダ推しかもしれませんがデザインはシンプルイズザベスト!

 

でも人馬一体の取り組みもされていて車への思いが伝わってくるようです。

 

まさに美しく走れそうです!