車の衝突軽減アシストは後から付けられないから付いている車を買う方が無難

f:id:meruler:20190618192848j:plain

最近車による事故が多いですね。

 

そのほとんどは安全装置ならぬ衝突軽減アシストが付いていないようです。

もし付いていたとしても50km/h以内でないと作動しないというシステムがほとんどです。

 

特にお年を召した方にはこの衝突軽減装置をつけて欲しいのですが、今は年金問題もあり日々生活するので大変という方も多く、車の買い替えもなかなか新車にできる方も少ないと思います。

 

しかし、東京都では事業用トラックを対象に衝突軽減ブレーキ装置導入助成の申し込みを始めました。

 

さらに後付けの衝突軽減装置も普及し始めております。

 

衝突軽減装置が標準で装備されている車より後付けの方が不安なところもあるかもしれません。

<衝突軽減装置がついた中古車を探す>

衝突軽減装置がついた新車の無料見積ならMOTA!

 

 

 

車の衝突軽減装置が標準装備の車を買うべし

車の衝突軽減装置が標準装備されているかいないかで事故を起こしてしまうか起こさないかが関わってくると思います。

 

今はお年寄りが起こす車の事故が多いように思えますが、実は若い世代の方が事故率は高いんですよね。

 

だから自分は大丈夫と思ってもいざ事故を起こしてしまっては元も子もありません。

事故を起こしてしまうともう引っ越さなくてはいけないくらい暮らしていけなくなるかもしれません。

 

それくらい車の事故というのは重大なのです。

 

だから後付けの衝突軽減装置より標準装備の車を購入した方が良いのです。

後付けの装置はアクセルの踏み間違え防止などしかありません。

 

衝突軽減装置の標準装備は年々テクノロジーの進化とともに新しくなっております。

法定速度の表示、車線逸脱、居眠り防止など。

 

 

 衝突軽減アシスト標準装備の車は価格が高め

ただ、軽自動車が特にかもしれませんが200万円くらいするんですよね。

そしたら乗用車の方が安いと思う感じです...

 

でも日本で売れているのは軽自動車ですから...

 

だから中古で購入するのもアリだと思います。

性能は落ちるでしょうが、中古でも衝突軽減アシストが標準装備になっている車種があるでしょう。

 

少しでも事故を軽減するのは必要だと思います。

 

<衝突軽減装置がついた中古車を探す>

衝突軽減装置がついた新車の無料見積ならMOTA!